S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
11« 2010/03 »04

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auのスマートフォン「IS01」「IS02」は中途半端な印象が否めない

今日、auでスマートフォン端末の製品発表会があったそうです。

KDDIは、au携帯電話のラインアップにスマートフォン「ISシリーズ」を追加した。
第一弾として、auで初めてOSにグーグルのAndroidを採用した「IS01」と、
Windows Mobile 6.5.3を採用した「IS02」を、6月上旬に発売する。価格は未定。

シャープ製の「IS01」は、ネットブックとスマートフォンの間に位置づける端末。
高精細な5.0型液晶と、11.2mmのキーピッチなどで打ちやすいキーボードを備え、
ブログやSNSなどのインターネットをまるでノートPCのような感覚で操作できる。
ユーザーインターフェースは、アプリケーションの配置を変えたり、
よく使うアプリケーションをショートカットで画面に表示したりするなど、使いやすさを追求した。
Android端末として初めて、
内蔵カメラで目の前の景色を画面上に映し出す拡張現実ソフト「セカイカメラ」(Android版)をプリセット。
エアタグと一緒に写真を撮影する「Air Shot」機能など、Android版独自のウィジェットを楽しめる。
また、ワンセグや赤外線通信など、携帯電話の定番機能も押さえている。
8月下旬以降は、「EZweb」のメール送受信やデコレーションメール作成にアップデートで対応予定。
有効527万画素のオートフォーカス機能付きカメラを搭載。連続通話時間は310分、連続待受時間は200時間。
本体サイズは幅83×奥行き17.9× 高さ149mm、重さ227g。カラーは、ブラックとライトブルーの2色を用意。
「IS01」の発売に合わせ、Android端末向けのアプリケーション提供サービス「au one Market」を開始する。

東芝製の「IS02」は、タッチ操作対応の4.1型有機ELディスプレイを搭載。
厚さ12.9mmと薄型ながら、長文メールの作成に便利なスライド型 QWERTYキーを備える。
Windows Mobile 6.5.3のプリインストールで、インターネットを快適に使えるほか、
端末に保存したアドレス帳や画像、音楽などのデータを簡単にバックアップすることができる。
有効322万画素のオートフォーカス付きカメラを内蔵。
連続通話時間は220分、連続待受時間は280時間。
本体サイズは幅66×奥行き12.9×高さ 123mm、重さ158g。カラーはホワイト/ブラックのコンビネーションのみ。

「ISシリーズ」は、3月31日から東京・原宿の「KDDIデザインスタジオ」で展示する。
端末を手に取って操作できる体験型展示は、「IS01」が4 月初旬以降、「IS02」が4月下旬以降の予定。
3月30日の発表会では、高橋誠・コンシューマ商品統括本部長は
「『IS01』『IS02』を第一弾として、iPhoneに対抗するスマートフォンの開発にさらに注力していく」
と、auの新たな方向性を明らかにした。



(KDDI、ノートパソコンのような Android スマートフォン「IS01」を発表 より)

記事と写真でデザインを見たファーストインプレッションは「こりゃねーだろw」でした(w
文章にすると煩雑になるので箇条書きで個人的な印象を順不同に。

<IS01(シャープ)>
● デザインは電子辞書にしか見えなかった。「パピルス」の名で販売したほうがいいんじゃないの?
● Androidは1.6。ところがソフトバンクは近々Android 2.1搭載の端末を発表する(こちら)。
  この時点で既に他社の後塵を拝している。
  もう少し発売を遅らせて、Android 2.xを積んで発売したほうがよかったのでは。
● auの端末なのにezwebによるメール機能はアップデートで後日、というのはいかがなものか。
● 「ネットブックとスマートフォンの中間」と言うけど、あまりに中途半端なので
  ユーザはネットブックを買うし、スマートフォンなら他社のを選ぶのではないか。

<IS02(東芝)>
● IS01に比べて、こちらのほうがスマートフォンらしく見える。
  ただ、もう他社はこの程度の端末はとっくに発売していて二番煎じな感じが否めない。
● こちらもau独自のサービスはアップデートか何かで対応されると考えられるが
  最低限ezwebのメール機能くらいはデフォルトでつけてほしいところ。


以上。
auはスマートフォンでNTTドコモやソフトバンクに大きく遅れをとっていた中での発表だったが、
期待していたauユーザは落胆をしている方がさぞ多いことだろう。
(かくいう、auユーザの私もそうだったのだがw)
auは契約数の純増数でNTTドコモやソフトバンクに水をあけられている(こちら)が、
他社に乗り換えられて3月以降さらに水をあけられてしまうのではないだろうか。

私のauケータイは3年目なのでいい加減に次の機種にしたいのだが、
他社のものも含めて変更したいなと思わせるほど魅力的な端末は今のところないし、
機種変更するにしても端末の値段が高いし、
何より今のままでも別に困ることもないので、もうしばらく今の機種にしようと思いました(w

スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。