S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12« 2013/01 »02

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【桜宮高校事件】橋下市長と市教委の双方の面子を立てただけの決定に再考を促したい

前回の続き
結局、教育委員会は橋下市長に桜宮高校の在校生に直接説明させ
その後の会議で「入試中止」を決めました。

大阪市立桜宮高校2年の男子生徒(17)が顧問から体罰を受けた後に自殺した問題で、
市教育委員会は21日、臨時会議を開き、同校体育系2科の入試中止を決定した。
橋下徹市長が中止を強く求めていた。
受験科目や試験日程、学区はこれまでの体育系2科と同じにし、受験生に配慮した措置も取った。

会議では5人の教育委員のうち1人が反対を表明したが、賛成多数で中止を決定した。
中止となるのは同校の体育科(定員80人)とスポーツ健康科学科(同40人)で、
計120人分を普通科に振り替える。
ただし、新たに普通科となる120人は、従来ある普通科(同160人)と分け、
スポーツに特色あるカリキュラムを組んでいく。
受験科目や学区など募集要項についても、体育系2科のものを引き継がせた。

唯一反対した長谷川恵一教育委員長は、
体罰経験についての同校生徒へのアンケート結果で、普通科でも体罰があったことを指摘。
「看板の掛け替えにすぎない」と主張した。

しかし、他の委員からの「これまでの科目で受験できるのは中3の負担が軽減される」などの意見で、
中止が決まった。
また、同アンケートでは、
これまで体罰が判明していたバスケットボール部とバレーボール部以外での部活動でも、
体罰を受けたとの回答があったという。

入試実施の場合、市教委にかかる予算の凍結を辞さない構えを示していた橋下市長は、
入試中止について「素晴らしい決定」と歓迎。
加えて、看板の掛け替えとの指摘について、
「今までの体育科として募集するのではないから、決定的な違いだ」と否定した。
(2013/01/21-22:15)


(桜宮高体育系の入試中止決定=高2体罰自殺、橋下市長要請-大阪市教委 より)


ざっくりまとめると

1. 桜宮高校の体育系学科の入試は「形式上」中止
   → 中止を強硬に要求していた橋下市長の面子を立てる
2. 「新たな普通科」は体育系学科のものを引き継ぐため、事実上体育系学科は「温存」
   → 体育系学科の入試の開催をしたかった教育委員会の面子を立てる


ということです。

私は今回の「体罰(という名の暴行傷害)」事件を
「桜宮高校特有のもの」としてではなく「体罰問題」として認識しているのですが、
報道等を目にしていると大阪市と市教委は、
今回の事件を「桜宮高校体育系学科におけるもの」として捉えているふしがあります。
もしそうであれば、体育系学科だけ募集を中止するのではなく
桜宮高校の全ての学科の入学者の募集を中止し、
原因究明の上、適切な処分をした上で、入学者の募集を再開しなければ筋が通りません。
なぜなら、これまでの報道等で桜宮高校における「体罰」は
学校全体で常態化していることが考えられるからです。

そうではなく、私のように今回の事件を「体罰問題」として扱うのであれば、
大阪市内の全ての高校の全ての学科の入学者の募集を停止し、
原因究明の上、適切な処分をした上で、入学者の募集を再開しなければ筋が通りません。
ですが、少なくとも今年度においてそれを行うのは非現実的で不可能でしょうから、
学校が日常業務を送る中で、つまり、入試を含め例年通りのスケジュールの中で
教育委員会の調査に全面的に協力するというのが現実的でしょう。
桜宮高校は事件の影響で全ての学科で志望者が減る可能性がありますが、
もしそうなれば生徒と保護者が決めたことで仕方のないことです。

前回の記事の結びでこんなことを記したわけですが、

本事件が、大阪市長と教育委員会の鍔迫り合いにならずに
双方が事件について真摯に向き合うことを望むとともに、
事件が橋下市長が教育行政への介入を強めるような何らかの動きに発展しないことを危惧して
結びとしたいと思います。


(名無しのデムパ論 より)


今回の決定は、この両者のどれでもない、
双方の面子を立てることを優先した「だけ」の筋が通らない決定です。
大阪市と市教委が事件について真摯に向き合っているのかどうか疑わざるを得ませんし、
さらに橋下市長の教育行政への介入をさらに強めることが危惧せざるを得ません。

昨日の話なのですが、今からでもまだ遅くないから再考を促したい今日のこのごろです。

スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。