S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
04« 2013/05 »07

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあ、安倍内閣は戦後の日本の歩みを外国にどう評価して欲しいの?

最近、特に東アジア外交とアメリカ外交において、
まるで日本人でありながら日本の評価を貶めるかのような
政府要人や国会議員の言動が目立つ昨今ですが、
5月9日の菅義偉官房長官の定例会見における発言もその言動の一つなのでしょうか。

【ワシントン共同=粟倉義勝】訪米中の韓国の朴槿恵大統領は8日、米議会の上下両院合同会議で演説し、
「北東アジアでは国家間の経済依存が高まる一方で、歴史問題に端を発した対立が一層深刻になっている。
 歴史に正しい認識を持てなければ明日はない」
と述べた。
日本を名指しはしなかったが、日本との歴史・領土問題を念頭に置き、
日本と周辺国の対立が深まっていることを印象づける狙いとみられる。


(朴大統領が米議会で演説 | ワールド | 韓国 | Reuters より)
菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、
朴槿恵韓国大統領が米議会で日本を念頭に「歴史に目をつぶる者は未来が見えない」と演説したことに関し、
「戦後日本の歩み、歴史についても正当に評価されるべきだ」と反論した。
同時に
「日本と韓国は価値と利益を共有する重要な隣国同士であり、
 大局的観点から未来志向の関係を構築していくべきだ。
 ありとあらゆる外交ルートを使い、わが国の立場を理解してもらえるよう努力していきたい」
と述べた。 

会見で菅長官は
「わが国は過去をしっかりと認識し、その深刻な反省の上に立って戦後の歩みを始め、
 自由と民主主義、基本的人権という普遍的価値を多くの国々と共有する努力を行い、
 地域、世界の平和と安定のためさまざまな貢献を行ってきた」
と強調した。(2013/05/09-12:38)


(時事ドットコム:菅官房長官「戦後日本に正当な評価を」 より)


この5月9日の官房長官の記者会見を見て確認したのですが、
「戦後日本の歩み、歴史についても正当に評価されるべきだ」という発言は
朴槿恵韓国大統領のアメリカの議会演説についての質問の回答で述べられたものです。
私の拙い能力ではこの文における主語がわからなかったので、
発言が日本を批判した韓国の朴槿恵大統領に対してなのか、
韓国を含む複数の国に対して向けられているのかは定かではありません。

いずれにしてもこの発言の裏返しは
「安倍内閣としては他国から
 『戦後日本の歩み、歴史について正当に評価されていない』と考えている」

ということだと思います。
そうであるとするならば、
安倍内閣の皆さんは他国から日本のどこをどのように評価して欲しいのでしょうかね。
政治部記者は誰かこの件で安倍内閣の閣僚を問い質して欲しいものです(絶対しないと思うけど)。
もっとも、安倍内閣の面々の主要な思想信条上、戦前・戦中の日本の歩みや歴史についても
「正当に評価されていない」と考えているかもしれませんけれども。

私は、戦後、今日に至るまでまでの日本の歩み、歴史は
まさに他国から日本が概ね好意的に評価され続けてきている結果※1だと思うのですが。



※1 「概ね」としたのは、その評価が必ずしも好意的とは限らないと考えたから。

スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。