S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09« 2013/10 »11

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【堺市長選雑感】大阪維新の会が敗北しても決して先行きを楽観してはならない

9月29日に投開票が行われた大阪府堺市の市長選挙は
現職の竹山修身氏が新人の西林克敏氏を約58,000票の差で破り再選を果たしました。
中盤情勢において現職がリードしていましたが、リードを保ったままだったということになります。

大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)が掲げる
大阪都構想の是非が問われた堺市長選は29日投開票され、
都構想に反対する無所属で現職の竹山修身(おさみ)氏(63)が
維新公認で新顔の西林克敏氏(43)を破り、再選を果たした。
民主党が推薦、自民党が支持した竹山氏に対し、橋下氏が前面に出た西林氏は大敗。
都構想の実現は不透明感を増し、橋下氏の政治的な影響力の低下は避けられない状況だ。
投票率は50・69%で、前回の43・93%を大きく上回った。

大阪府内の首長選で維新公認候補が敗れるのは初めて。
堺市長選の敗北で、橋下氏の政治力を支えてきた民意が離れたことの影響は大きい。
橋下氏は、今後の都構想の進め方や国政への関与について戦略の見直しを迫られそうだ。

関係者によると、橋下氏は29日夜の記者会見で
「争点設定に失敗した。どう戦術をとるかについて、トップとしてきちんと陣頭指揮を執れなかったことは重大責任だ」
と語った。
ただ、自らの進退は「辞めるなんて。まだ勝たなきゃいけない」と否定した。

橋下氏は都構想実現を目指し、2010年4月に地域政党「大阪維新の会」を結成した。
翌年の統一地方選で大阪府議会の過半数を獲得。
大阪市長の協力が得られないと判断すると、
自ら府知事を辞職して府知事、市長の大阪ダブル選で勝ち、都構想を進める基盤をつくった。

昨年8月には橋下氏の求めに呼応する形で
民主、自民両党などの提案で都構想を進める大都市地域特別区設置法が成立し、国政での法整備も進んだ。

維新は今後、都構想の手続きを堺市を除く大阪府と大阪市で進める。
だが、維新だけでは過半数に満たない大阪市議会で他党の協力を得られるかは不透明だ。

橋下氏は国政と一線を画しつつも、
民主党などを巻き込む野党再編の主導権確保を狙ってきたが、それも難しくなりそうだ。
橋下氏や松井一郎幹事長は憲法改正などで歩調を合わせる安倍政権とのパイプをちらつかせながら、
各党との連携を模索する構えだ。

竹山氏は2月に立候補を表明。
反都構想を旗印に自民、民主、共産、社民の各政党が支援し、無党派層にも浸透した。
竹山氏は29日夜、選挙事務所で「自由自治都市堺を守れたことが、無二の幸せ」と語った。

関係者によると、西林氏は29日夜、「すべては私の力不足」と語った。

■堺市長選の確定得票

当 198431 竹山 修身 63 無現 (2)
  140569 西林 克敏 43 維新

※カッコ内数字は当選回数



(朝日新聞デジタル:堺市長選、維新破り現職再選 橋下代表、辞任を否定 - 政治 より)


私はダブルスコアに近い形の完勝を望んでいたのですが、
流石にそこまではいかなかったようで。
ですが、ようやく大阪(日本)維新の会のデタラメな政治に対して一矢報いる形になりました。
これが堺市民の「民意」ということになります。

橋下氏は自分を支持し、投票する人達の「民意」しか汲み取りません。
また、自分が陣頭にたった選挙に勝つと「民意」を強調し、
負けると自分以外の他人のせいにして結果責任を巧みに回避しようとします。※1
ですが、橋下氏に支持しない人々の意見もまた「民意」であり、
議会制民主主義をとる我が国では少数の「民意」も尊重されなければなりません。
再選を果たした竹山修身氏は勝利にのぼせ上がることなく、
今回西林氏に投票した有権者※2の「民意」も汲んで堺市政に取り組み、
橋下氏との出来の違いを見せつけて欲しいと思います。

一方、私が見た範囲において西林克敏氏陣営の敗因を考えると、
こんなところが挙げられるのではないでしょうか。

● 大阪都構想を持ちだして何年も経過しているのに未だに制度設計も不十分なゆえ、
  堺市が大阪都に含まれるメリット・デメリットを詳細に有権者に提示できず、
  竹山氏側が主張する都構想の問題点に対し的確に反論できなかったこと。
● 街頭演説で相手陣営を詐欺師よばわりし、野次を浴びせた聴衆をも罵倒し、
  相手陣営の足元の批判を言葉汚くおこなうなど、あらゆる部分で汚い選挙戦をしたこと。※3
● 橋下徹氏が候補者ではないのに候補者以上に前に出すぎていて
  候補者である西林氏の存在がまったく霞んでしまったこと。
● 陣営の要である橋下氏が、台風18号対策をまともに行わなかったうえ、
  それをユーザーから指摘されても開き直ったこと。※4

今回、大阪(日本)維新の会は「総力戦」とも報道されるほどの態勢で戦い、敗れました。
結果を受けて「終わりの始まり」「橋下も終わり」などという意見が散見されますが、
これは時期尚早で楽観的な見方だと思います。
ただ、後に振り返った時に
「堺市長選挙が一つの起点だった」「終わりの始まりだった」といえる様に、
今後も橋下氏について注視・行動をしなければなりません。
橋下氏は統治能力と危機対応能力には非常に乏しいですが、
言葉の操縦においてはその乏しさを補えるほど長けています。
彼の政治生命が最期を迎えるまでは一瞬たりと油断をしてはならないのです。

「勝って兜の緒を締めよ」という言葉がありますが、今こそこれが重要です。



※1 今回も選挙後の会見でマスコミ、相手候補、有権者に責任転嫁しまくったようですが。
※2 選挙有効投票数の約4割で、堺市の全有権者の約2割にあたる人が西林氏に投票。
※3 例えば、この動画この動画この動画など。
※4 現職の竹山氏は選挙活動を一端やめ、堺市庁舎に入って台風18号対策にあたりました。
   (参考:やっぱり、橋下徹大阪市長は大阪に住む者の生命と財産を守る気は皆無である)

スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。