S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聖火の私物化】北京五輪の聖火リレーを見ての雑感

今日は前回の記事の続きを。
前回はレスを羅列しただけで終わってしまったので、
今回は少し自分の意見を織り交ぜながら語っていくことにする。

私の考えとしては
「あんな国にFREE TIBET!!なんぞ叫んでも無駄、むしろ邪魔なだけ」
ということである。
あんな国というのは無論中国のことである。
まず、中国共産党の考えは基本的にジャイアニズムなもので
「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」である。
そんな思想の連中に教え込まれる中国国民も
もちろんジャイアニズムにどっぷりつかっている。
こんな連中に「FREE TIBET!!」なんて声高に訴えかけたところで、
たいていの人間には何も心にしみないと私は考えている。

先だって、この国は
「政治問題をオリンピックに関係させることは反対だ」
だの
「スポーツと政治問題を結びつけるな」
などと言ってきた。
そんな国はオリンピックを過去7大会連続でボイコットを行っている。

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題、しかも開会式当日に合わせて核実験強行)
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)

理由は全て政治問題。
このような国が先述のようなことを言っても、説得力はない。
現在においてもチベットや東トルキスタンでの人権問題が
未解決、というか解決する気が無いままである。
ダライ・ラマと対話の用意がある、というのも、どうせポーズとっただけでしょう。

・・・というようなことを開催国以外の世界中の人々は既にわかっているわけで。
だから各地の聖火リレーを利用して抗議行動が起こるわけである。
しかし、彼らの血にジャイアニズムというものがながれている以上、
抗議を起こしたとしても姿勢を変える可能性はほとんど無いと私は考える。

次に「むしろ邪魔なだけ」について。
本来はあの場には中国人側も人権問題抗議側のどっちも邪魔なもの。
長野県で行われる聖火リレーは、長野県民によって迎えられるべきである。
聖火リレーは聖火リレーであって、君らの政治活動の場ではない、
ということである。
あの場にチベット問題を抗議する団体が1つもいなくても
今回の聖火リレーの異常さは既に世界中に伝わっていると私は考えている。
警備員の多さと中国人を優遇していると取られても仕方の無い警備体制、
ここに至るまでの様々な過程で中国が聖火を私物化しているようにも感じられる点、
これだけでも十分、北京五輪がいかに異常かを説明するに足りる。
聖火リレーの抗議行動は、双方にとって蛇足でしかないのではないでしょうか。

結局のところ、中国はオリンピック開催までに科せられた宿題は
何一つ解決できない、というかしようとしないまま五輪開催を迎えるわけである。
(以前どっかで似たような文章をかいたような気がしますが)
こういった国にオリンピックの開催権をあげるのは
これで最後にしていただけたらと私は考えている。

過去最低のオリンピックになる悪寒が、私の中ではますます強くなっています。

スポンサーサイト
モヤさまのDVDと地上波の放送内容の違いを調べた奇特な人を発見 | HOME | 【業火?】マスゴミが報じる訳のない長野の聖火リレーの顛末

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。