S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
01« 2017/03 »02

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪シリーズ(3)・サッカー競技についての雑感

3回目の今回はサッカーについて。

サッカーは男子は予選敗退、女子は4位。
男子はまったく持ち味を出すことが出来ず、
女子は自分たちの持ち味を最大限まで発揮しての結果。

女子の結果は非常に明るい兆しが見える。
初戦のニュージーランド戦ではもうダメかと思ったわけだけど、
ノルウェー戦で5-1で大勝した試合からガラリと変わったように見えた。
アメリカ戦は、もともとあった実力差がそのまま出た試合だった。
ドイツ戦は、前半は日本優位にすすめていたように見えるが、
後半足がとまってからはドイツのペースになっていたような気がする。
それと両チームもここぞというチャンスは見逃さず得点機に持っていく。
いくら日本の方がいいサッカーをしていても得点が入らなければ意味がない。
サッカーは得点を追い求めるゲームである。
結果として両チームともに負けてしまったわけだけど、
実力が上の相手に臆せず果敢に挑み、散った姿は好感をもった。

それに比べて男子。
本当はここで記事を終わっちゃってもいいくらいなんだけれども、一応。
予選で勝つ可能性が3チームの中で一番高かったアメリカに負けた時点で、
もう終戦だなと勝手にみなしてしまった。
女子のノルウェー戦のように蘇ってくればまだしも、その兆しすらなく、
結局1つの引き分けもなく予選を敗退。
決定機はあったけどうまく生かす事ができずに・・・
って、いろんなブログのサッカー記事で毎回出てくるフレーズを
使ってしまっているけれども、
男子は上に上がっていくのは無理なのはわかっていたので、
せめてグループリーグくらいは突破していただきたかった。
男子に関しては惜敗ではなく、大惨敗、って表現したほうがいい。

結果についてはこの程度なんだけれども、
今後に向けては・・・もうそろそろJFAは
組織ぐるみで根本的に考え直した方がいいんじゃないですかね。
これもドイツW杯の終了後にも同じこと言われていたわけだけれども。
オリンピックは次のW杯までのちょうど中間年にあたるけれども、
結局は会長が代わっただけで後は特に目だったことは何もされていないように見える。
そもそもドイツW杯の時も特に反省も分析もほとんどされていないのだろうから
当たり前なんだけどね。
スポンサーとか収益のことがあって大胆なことがやりにくいのはわかるけど、
最大の窓口である日本代表(特に男子)があのザマであれば、
客も入らなくなってJリーグにも新規のお客さんが降りて来なくなるんじゃないのかと。
今度のW杯は前回以上にグループリーグ突破が危ういといわれている状況が
理解できているのでしょうかね。
まあ、私からはまず
「まだまだ伸びしろがある女子日本代表にもっと強化費を捻出してあげてください」
とお願いしたいのですが。

素人目なんで浅い考察ですが、サッカーについてはこのくらいで。
やっぱり、金は人間を腐らすものなんでしょうかね。
これに関しては野球にも大いに言えることなのでしょうが。
スポンサーサイト
北京五輪シリーズ(4)・ソフトボール競技についての雑感 | HOME | 北京五輪シリーズ(2)・競泳競技についての雑感

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。