S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
01« 2017/03 »02

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪シリーズ(4)・ソフトボール競技についての雑感

もう4回目となった北京五輪シリーズですが
今回は想像を超える盛り上がりを見せたソフトボールについて。

ソフトボールは、結果については言うことなし。
素晴らしい試合だったし、何よりあの超がつくほどの強豪のアメリカを倒しての金メダル。
私はこの種目はメダルまでは取れるだろうと見ていたけど
金メダルまでは予想できなかった。
なぜならこれまでアメリカにたくさん苦杯をなめさせられてきていたから。
そのアメリカは、今回は予選リーグでは全勝、自責点なし。
日本も予選リーグでは完全に押さえ込まれて完敗、準決勝でもアメリカには惜敗していた。
しかも準決勝ではアメリカと9イニング、3位決定戦ではオーストラリアと12イニングまで続く死闘。
(3位決定戦だけはもう少し早く終わらせられたんじゃないかと思ってイライラして見ていたんですが・・・)
そういうこともあって金メダルを取るのはアメリカであろう、と考えていた。

自分としては決勝で勝利した要因はこのあたりかな、と考えている。

● 上野由岐子投手の力投と、峰幸代捕手の好リード
    色々なところで散々取り上げられている上野投手の力投、素晴らしいものだった。
    しかし、捕手の好リードなくしてあの力投は語れない。

● 1回裏と6回裏の2度の満塁のピンチを無得点で凌いだこと
    特に6回裏を凌いだのは非常に大きい。
    自分としては、この段階で日本の勝利が少し見えた気がした。
    (それでも最後までどう転ぶかはわからなかったけどw)

● アメリカのピッチャー、オスターマンの投球フォームを盗んだ事
    NHKスペシャルで掘り下げていたことの受け売りですが(w

それにしても、本当にエキサイティングな試合だった。
途中でアメリカ4番ブストスの俗称「初代燃えろ!!プロ野球風バントホームラン」が出た時は
また今日も準決勝の時のようにやられるのかと思ったけど、よく守り勝ったというか。
この金メダル獲得は、日本にとっては北京五輪最大のハイライトだし、
アメリカにとっては北京五輪最大の衝撃の一つとなったことでしょう。

そして、これは余談ですが、
4番ブストスって本来の発音だと「バストス」が正しいそうで。
あの方の存在感はAAにも加工された画像にも登場するほどだったけど、
2番を打っていた外野手のケイトリン・ロウも忘れられない。
最初は身体めあてだったけど、調べていって分かったのは
打って良し守って良しはしって良し、しかもガッツのあるプレーヤー。
日本人の野球選手にたとえると、イチローのようなタイプ(イチローもロウも左打者)。
またどこかでお会いしたいものです。

ソフトボールについてはこんなところでしょうか。
まあ、この時点では野球の結果で失望させられることになるのは
知る由もなかったわけなのですが(w
スポンサーサイト
北京五輪シリーズ(5)・野球競技についての雑感 | HOME | 北京五輪シリーズ(3)・サッカー競技についての雑感

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。