S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪シリーズ(7)・その他の雑感

もうすっかりパラリンピックが始まってしまいましたが、
今回でこのシリーズを最後にしたいと思います。
今回は前回までで取り上げなかった種目について雑記を。

■ 陸上競技
   なんていったって、まずはウサイン・ボルトに尽きるかと思います。
   100mで世界記録を出した時、ひょっとして200mも・・・?なんて予感がしましたが、
   本当に200mの世界記録まで更新してしまうなんてね。
   陸上競技で久々に胸躍らせて競技を見ることが出来た瞬間でした。
   他の短距離種目でもジャマイカ勢が健闘しており、
   いよいよアメリカの独壇場にも陰りが見えたのかと。
   来年の世界選手権ではどうなっているのでしょうか。
   日本勢で言えば、女子マラソンは残念でした。
   日本の練習量は世界一だそうですが、今回はそれが仇となってしまったのでしょうか。
   ハンマー投げでは室伏選手は5位で終わったのですが、
   ベラルーシ選手のドーピング問題の行方が気になります。
   イワン・ティホンがそのドーピング問題の当事者に名を連ねていることについては
   非常に残念に思います。
   ポジティブな面で言えば、陸上男子4×100mリレーでしょうか。
   あれをラッキーだとかたなぼただとかと書いているブログを随分とみましたが、
   リレーのきもとなる部分はバトンパスであるかと。
   そこで渡せずに失格となるチームはバトンパスの練習が不足していたということ。
   日本は外国人選手に比べて劣る個々の身体能力をバトンパスの技術で補った。
   アジア記録が37秒台に突入するのもそう遠くはないでしょう。

■ レスリング
   アテネと獲得したメダルの色が全て同じ色というある意味微笑ましい結果。
   伊調姉妹は前回の五輪では結果に納得していない様子だったけど、
   今回は表彰式でも笑顔。
   表彰式後のインタビューや記者会見では引退を示唆していたけれども、
   今後はどうなるのでしょうか。
   ひょっとしたら世界選手権までは続けるのかも。
   吉田沙保里は強すぎ、あれを止められる人間はそういない(w
   浜口京子は銅メダルだったが、
   3位決定戦では相手にレスリングをさせなかったし、
   もう30歳を迎えたけどもうしばらくいけるのではないだろうか。
   アニマル浜口は公安当局の警備員に囲まれながらもいつも通りだし。
   そして、金色タイツの男、江頭2:50。
   この男、プライベートで北京五輪の観戦におとずれて、
   公安当局の警備員に囲まれながらも懸命に応援したそうな。
   そして彼の映った場面が瞬間最高視聴率になったそうな。
   江頭はプライベートであっても笑いの神が降りてくるのであろうか・・・?
   次回は世界選手権と同じ7階級での開催を希望。

■ 中継について
   今回の中継は量はともかく質もNHKの独り勝ち、
   民放だけでみればテレ東が一人勝ち、貧乏くじはフジといったところでしょうか。
   ところで、今回は前回以上にテレビで放送する競技に偏りがあった。
   マイナーな競技で誰もみないだろ、と切り離さず、
   なるべくたくさんの競技を放送して欲しい。
   これは民放ではなくNHKの役割。
   民放は表向きは色々言っているが、要は視聴率取ることしか脳みそにないから、
   メダルを取る可能性のあるようなメジャーな競技を中継させればよい。
   NHKは次回では頑張って予算を捻出して、
   今回以上の放送時間を確保していただける事を希望します。
   私は、民放とNHKが共同で買うような煩雑な形は
   さっさとやめて欲しいと考えているんですが。
   民放の必要以上のショーアップはうんざりなので。

最後に放送体制について述べたのですが、
これはパラリンピックにもいえるわけです。
今やパラリンピックは選手が五体満足か不満足か、
大会規模が大きいか小さいかだけで、オリンピックと遜色はない。
民放は頼りにしていないので、
放送波を複数持っているNHKには頑張って
昼間の番組を潰して競技の中継時間にあてるなどで放送時間を確保して欲しい。
開催国の中国は300時間も放送に割いているらしいし・・・

以上、北京五輪シリーズでした。
次回の記事からは、いい加減に通常営業に戻ります(w
スポンサーサイト
高校生クイズ2008について個人的な感想を述べてみる | HOME | 北京五輪シリーズ(6)・野球競技についての雑感(若干の続き)

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。