S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この世に一つもない。」というのは言い過ぎのような気がするが

最近「ニートの海外就職日記」を読んで
労働に関する価値観について考えさせられるものが多いのだが
最近こんなエントリーがあった。

自分、もしくは家族の健康にも優先する仕事なんてこの世に一つもない。 - ニートの海外就職日記
妻が病気の時、夫は会社を休むべきか? : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「自分、もしくは家族の健康にも優先する仕事なんてこの世に一つもない。」というのは
間違ってはいないけど言い過ぎかと。
あえて反例を挙げるとするなら、「警察」「消防」「病院」など
どれも人間の生活や治安・生命に大きく関わる仕事だろう。
たとえば消防なんかは規程で決まっており
災害活動がある場合はバックアップのために非番の人間は消防署に待機するわけである。
病院も人手が足りない場合はおそらくそうなっているでしょう。

発言小町のエントリーに挙がっているのは自営業でもない民間企業の話であると考えられる。
こういうのは前述の反例のように職業によって異なってくるのだが、
私の考えとしては、一番いいのは年休をとることで、
仕事に出なければならないにしても同僚に残りの仕事を頼んで
自分は早引きして帰宅するなどすることがベターじゃないかと。
まあ、この方の会社がどのような業種なのかは存じ上げないが
少なくとも自分自身が病気になったら休んでいるということなので
決して「休みたくても休めない」ような会社ではないということが考えられる。
結婚8年目となれば男性は職場では結構なキャリアを積んできているから、
残りの仕事を頼める人間くらいいるんじゃないの?というのが考えである。

逆に働いている側が病気の場合仕事にこられても
体調がよくないのでパフォーマンスは出せないわ、
風邪なら周りに伝染する可能性はあるわ、
ましてや最近は新型インフルエンザが蔓延するわ、などなど
決していいことはない。

ひと昔前ならともかく
代わりの仕事ができる人間がろくにおらず、簡単に仕事が休めない企業(職種によりますが)や、
家族を省みず仕事をせざるを得なくなり(もしくは自ら望んでそうしており)、
夫婦関係が冷え切って離婚にいたるような家庭というのは
果たして健全といえるのかな・・・?
これを言うと日本社会全体の問題のような気がするのだが。

最後に、発言小町のコメント欄は
前半に所謂「社畜根性丸出し」のコメントが多く、
後半に所謂「アンチ社畜」のコメントが多いのはなかなか興味深いです。
是非ごらんあれ。

あ、暇ができたら↓も見てみよう。

体育会系の上司(女性)とのつきあい - Yahoo!知恵袋
スポンサーサイト
来年度の科学技術関連予算の事業仕分けについての雑感 | HOME | 東京五輪招致は理念のなさと欺瞞が見抜かれて失敗したのではないだろうか

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。