S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NZ地震】警官を突き飛ばして悪態つく日本の報道関係者は始末に終えない

前回の続きとして、
ニュージーランドで日本のメディアが蛮行を繰り広げられる件について記録しておく。

The Japanese reporter was kicked out of the Christchurch city center today
after getting ''physically aggressive'' towards a police commander, it was reported earlier.
The TV reporter was escorted from the area by police around the art gallery today
after his accreditation was removed.
Last night, the reporter "got physically aggressive" towards Christchurch police commander
Superintendent Dave Cliff and had to be restrained, a police spokesman said.
Concerns have been raised about media behaviour in Christchurch.
Last week, a Japanese reporter was arrested after trying to gain access to the Christchurch Hospital.
Concerns were also raised during the two-minute silence
when some photographers continued to take pictures, their camera clicking incessantly
as New Zealanders took a moment to remember the fallen.
A Christchurch City Council spokesman said
a number of journalists have also been trying to get around the cordon
to gain access to restricted areas of the city.
There are about 500 accredited media currently working in Christchurch.
Mayor Bob Parker urged members of the media to show restraint and respect for the officials.

(訳)
今日ある日本のレポーターが警察官に対して「肉体的攻撃」を加えようとして
クライストチャーチ・シティ・センターから追い出された。
今日、そのTVレポーターは取材許可を取り消された後
クライストチャーチ美術館の周囲にいた警官にその地域から連れ出された。
警察のスポークスマンによると、昨夜、そのレポーターは
「肉体的攻撃」をクライストチャーチ市警のデイブ・クリフ警視に「与えようとし」て拘束されていた。
クライストチャーチでは、メディアの振る舞いに関して、懸念が起きている。
先週には日本のレポーターがクライストチャーチ病院に侵入をはかって逮捕された。
2分間の黙祷(地震発生後1週間経過し追悼の意を示すため)の際に
数名のカメラマンが写真を撮り続けニュージーランド国民が死者を悼んでいる時だというのに
ひっきりなしにカメラのシャッター音がしていたことについても、懸念が起きている。
クライストチャーチ市議会のスポークスマンによれば、
何人もの記者達が、非常線を越えて、市の制限区域に侵入をはかったという。
クライストチャーチでは、約500名の取材許可を得たメディア関係者が現在活動している。
ボブ・パーカー市長は、メディア関係者に自制を示し、
市の公務員に対し敬意を払うよう、強く主張している。


(Christchurch quake: five reporters kicked out天漢日乗 より)

どうやら日本のメディアはニュースバリューになると判断したら
現地の報道ルールを平気で逸脱し
被災者とその親族に対しては「人間」としてではなく「素材」として非人間的な振る舞いをするらしい。
この点は災害報道の度に指摘されていたが今回改めて浮き彫りになった。

事件や事故の当事者たる「人間」をニュースの「素材」としてしか考えず
非人間的で不遜な振る舞いを続ける輩に対して
果たして取材対象の人々が協力的になるだろうか?
私は非常に憤りを感じたのでここに記録しておく。

なお、同じ件の別ソースはこちら。

Japanese reporter in trouble after barging police chief

スポンサーサイト
「めがねおう氏炎上ツイート」「そらの氏炎上ダダ漏れ事件」の現時点の所感 | HOME | 【NZ地震】立入禁止区域に許可無く侵入を図る日本の報道関係者は始末に終えない

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。