S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】TPPにおける問題の1つは「情報の伝達不足」なのではないか

気がつけば3ヶ月ぶり。
秋も終わって冬になろうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日の日米首脳会談で野田佳彦首相が
TPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)の参加表明をした。
「交渉参加のため関係国と協議入り」とあるが事実上の参加表明として差し支えはないだろう。

野田佳彦首相は12日昼(日本時間13日午前)、オバマ米大統領と米ハワイのホノルルで会談し、
環太平洋連携協定(TPP)交渉参加のため、関係国と協議入りすると表明した。
「アジア太平洋地域における経済のルールづくりをやり遂げないといけない」と
日本が主導権を発揮する決意を強調。
大統領は「決断を歓迎する」と述べた。

大統領は日米同盟について「長期的なアジア太平洋地域の安全保障という点で礎石である」と述べ、
さらなる深化の必要性を指摘した。

首相はTPPに関し、事前協議の早期実施を要請。今後、事務レベルで具体的な協議方法を詰めることになる。


(首相、TPP交渉参加方針を伝達 米大統領「決断を歓迎」 より)

私自身は、このTPPなるものについて結論を出していないが、
現時点での問題点は以下の点があると思う。

<政府の問題>
● 賛否の判断をするための(具体的な)資料や説明が不足している
   新潟日報社2011年11月8日社説 他多数
● 交渉にあたる政府自体がTPPにおける懸念材料を十分に把握していない可能性がある
   ざまあみやがれい! - 佐藤ゆかりTPP質疑【全内容文字おこし】
   (野田首相がISD条項を存じ上げていなかったことが有権者に分かった国会審議)
● 参加を表明しても実際に参加する時にはルールは大体決まった段階になっている可能性が高く
  交渉役を立てても自国に有利な条件になりそうな部分は少なくなる


<メディアの問題>
● 政府からの説明が少ない場合にはメディアが取材を通して説明を代行し広く伝達すべきだが、
  その役割が殆ど果たされていない
  (日本国民は自分で賛否の材料を調べられる環境にない人はたくさんいる)
● TPPで影響を及ぼす分野は広範にわたるのに製造業と農業と医療についての報道が非常に多く、
  他の分野には殆ど報道に時間を割かれていない
● 全国紙(≒在京メディア)は横並びでTPPに賛成、地方紙はTPPに慎重なところが多い
  一見バランスはとれているが影響力という点では後者は前者に遠く及ばない
  (今後もこの偏った傾向は続く可能性がある)


<論者の問題>
● TPP反対の立場の論者は比較的具体的な資料や根拠を提示して立場を示しているが、
  TPP推進の立場の論者は、彼らに比べて資料や根拠の提示に乏しい
● TPP反対の立場の論者の多くは、ロジックに基づいてTPP推進の立場の論者に対抗できるが
  TPP推進の立場の論者の多くは、ロジックに乏しくTPP反対の立場の論者に対抗できていない



条項そのものではなく、その周りの部分の問題ばかりを挙げてしまったわけだが・・・
「参加表明する!」と言った野田首相自身が協定の中で懸念される材料を1つ把握していなかったのだから、
日本国民の間のTPPに関する周知度や理解度は言わずもがなである。
そのような状況で参加をしていくということは
大変危険なのではないかという指摘はしなければならないだろう。
既に野田首相がアメリカに向けて参加表明をしてしまったが、
資料を数多く提示し根拠に基づく言論により論点をどんどん浮き彫りにしていく作業は
今後も続けていく必要があるのではないだろうか。

このような日本政府の外国に向けて発表し既成事実化してしまう手段は今回に限らず過去何度もとられた。
現与党はいわゆる「古いな政治手法からの転換」を掲げて2009年の総選挙を戦ったはずなのだが、
首相の代が変わるにしたがって徐々に自民党が与党だった時代と同じかそれ以上に
先祖返りをしているような印象を持つのは私だけだろうか。

・・・というわけで、具体的なものを把握していないなかで賛否を語るのもいかがなものかと思うので、
TPPについてはしばらく勉強をしようかと思う。
何しろ条文だけで膨大らしく、凄く暇な時にしかできなさそうなのだが・・・(苦笑)

スポンサーサイト
【大阪維新の会】こういった歴史は繰り返さないで貰いたいのだが・・・。 | HOME | 要は、バランスの問題じゃないですかね?~最近のフジテレビの韓国推しについて

Comment

no way
永遠に待ちの政治では、迅速な対応はできない。どこまでも停滞気味である。元来のんきな性格のためか、自分自身は無為無策でありながら、棚から牡丹餅の落ちてくるのを熱心に期待している。

現実の内容は、「世の中は、、、、、」の内容であり、理想の内容は、「あるべき姿」の内容である。これは非現実である。
日本語には時制がなく、日本人は現実 (現在) と非現実 (過去・未来) の世界を独立させて並行して言い表すことが難しい。
非現実 (理想) に向かうための現実対応策が語れない。
現実から理想へと一足飛びに内容が飛ぶ。言霊の効果のようなものか。その過程が明確にされない。

時制を考慮することなく自分の思った内容を述べようとすると、現実肯定主義派と空理空論 (曲学阿世) 派のどちらかに分かれることになる。
これでは政治音痴は止まらない。
両者は話が合わない状態に陥り、議論ができない。そこで、悪い意味での数合わせで、民主的に、物事を決するしかないことを日本人は心得ている。
だから、多数がとにかく足並みをそろえる大連立の構想には意味があると考えられているのであろう。

守旧派の世界は理想的ではないが、過不足なく成り立っている。革新派の世界は穴だらけで成り立たないことが多い。
安心と不信の背比べである。だから、政治家は静観が多く、意思決定には手間を取る。
静観には現在時制を働かせるだけで十分であるが、意思決定に至るには意思(未来時制の内容)の制作が必要になる。
意思の制作に未来時制が必要であるということは、自分が意思を作って示すことも他人から意思を受け取ることも難しいということになる。
つまり、社会全体が意思疎通を欠いた状態のままでとどまっているということである。
それで、勝手な解釈に近い以心伝心が貴重なものと考えられている。

時代に取り残されるのではないかという憂いが常に社会に漂っている。
英米人の政治哲学に基づいて次々と繰り出されてくる条約締結の提案には、ただたじろぐばかりである。
自分たちには、哲学がない。理想もなければ、それに向かって踏み出す力もない。
筋道を明らかにされることのない指導者からの励みの要請に民は閉塞感を持っている。玉砕戦法のようなものか。
だから、我々は耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ必要に迫られることになる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
2011/11/13 13:59 | URL | noga #sqx2p0JE [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。