S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大阪維新の会】こういった歴史は繰り返さないで貰いたいのだが・・・。

すっかり更新が空いてしまいました。
今回は手短に。

大阪市交通局は26日、昨年11月の大阪市長選を巡り、
同局の労働組合が平松邦夫前市長への支援を求めた職員リストを、
同局鉄道事業本部所属の30歳代男性非常勤嘱託職員(非組合員)が捏造(ねつぞう)していたと発表した。

このリストは労組が組織ぐるみで選挙応援したものとして
地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹市長)の市議が議会で公表していた。
職員は作成を認めていないが、同局は捏造と断定し、偽計業務妨害容疑での告発を検討している。

リストは1867人分の職員名が並び、職員労組「大阪交通労働組合」(大交)が
平松前市長支援のため職員に配布した「知人・友人紹介カード」の回収状況をチェックする欄があり、
欄外には「(紹介カード提出に)非協力的な組合員は今後不利益となる」と記されていた。

リストは、維新の会の杉村幸太郎市議が2月、
「内部告発者から提供を受けた」と公表したが、大交は「事実無根」と否定。
維新、大交双方が私文書偽造などの容疑で刑事告発していた。

このため、同局で調査したところ、
リストにある「非協力的」「友人紹介活動」などの文言五つ全てが入ったファイルを操作していたのは、
この職員のパソコンだけだった。
また、このパソコンの履歴に、嘱託職員のIDとパスワードで人事データに1月20日にアクセスした記録などがあったという。
さらに読売新聞の取材で、この職員は杉村市議に内部告発した職員と氏名が一致していることも判明した。

この職員は昨年5月に1年契約で採用され、庶務担当の補助をしていた。
同局の調査に当初は捏造を否定したが、解析結果を示した上で追及すると、あいまいな説明をしているという。


(大阪市長選職員リスト、嘱託職員の捏造と断定 より)
大阪市長選を巡り、前市長の支援を求める市交通局の職員リストが
嘱託職員の捏造(ねつぞう)だとわかったことについて、
橋下徹市長は26日、報道陣に「法律家としてちょっと危ないなと感じていた」とした上で、
「捏造をした職員の責任で、大阪維新の会や(リストを公表した)市議には何の問題もない。
僕の部下である市職員がやったことは大変申し訳ない」と話した。


(橋下市長「法律家として危ないなと感じていた」 より)

この騒動を見て、思い出したのがこれ。

2006年2月16日を機に堀江メール問題が起こる。この騒動で永田は発言を二転三転させるなどし、
民主党への非難が集中することになった。
結果、民主党代表前原誠司ら執行部が責任を取り総退陣することになった。

国会でライブドア元社長の堀江貴文のメールを取り上げたものの、
2月27日には送受信が同一のメールアドレスだったこと等が判明し、
3月2日には永田自ら「メールは誤りであった」と述べた。
2月28日に民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、
この件で懲罰動議が衆議院懲罰委員会に付託されたが、
最終的には処分が決定する前の3月31日に衆議院議長に辞職願を提出。
4月4日の衆議院本会議で許可され、議員辞職した。


(永田寿康 - Wikipedia 2012年1月23日 (月) 23:37 編集版 より)

いくら大阪市職員が内部でアコギなことをしていたとしても
捏造された資料を使ってまで攻撃の道具にするのはいかがなものかと思いますが。
堀江メール問題では当時の民主党執行部は総退陣しましたが
大阪維新の会はどうなさるおつもりなのでしょうか。

本件については
捏造の文書をもとに大阪市職員らを批判した当事者の大阪維新の会の方々、
それらを報道で扇動したマスメディアは謝罪をすべきだし、
(もっとも謝罪して相手方が許すとは思えませんが)
こんな彼らを支持した有権者の皆様は揃って猛省すべきであると思いますが。

スポンサーサイト
大阪維新の会は捏造リスト問題について責任逃れせず謝罪すべき | HOME | 【政治】TPPにおける問題の1つは「情報の伝達不足」なのではないか

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。