S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【尖閣諸島問題】領有の主張の仕方について日本は限界に来ているのでは?

中国を訪問した鳩山由紀夫元首相 兼 前衆議院議員の
尖閣諸島の領有をめぐる発言が所々で批判を受けているようです。
今回はこれについて考えてみようと思います。

【北京共同】中国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は16日、
賈慶林全国政治協商会議主席や楊潔チ外相ら中国要人と相次いで会談した。
鳩山氏は一連の会談で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)は中国も領有権を主張しているとして、
日本政府の公式見解と異なる「係争地」に当たるとの認識を示した。
同氏が記者団に明らかにした。

鳩山氏は会談で尖閣について
「係争が今起きているのは事実だ。係争地であると互いに認めることが大事だ」と指摘。
尖閣を両国が係争地と認定した上で、係争の「棚上げ」に合意するよう提案した。
鳩山氏によると、賈、楊両氏は「基本的に同意する」と回答したという。


(尖閣は「係争地」と鳩山氏 中国要人との会談で より)
小野寺防衛相は17日夜のBSフジの番組で、
鳩山元首相が中国側に対し、沖縄の尖閣諸島をめぐり、
「係争地である」との認識を中国側に伝えたことについて、
「中国側は『実は日本の元首相はこう思っている』と世界に宣伝し、国際世論を作られてしまう。
 言ってはいけないが、『国賊』ということが一瞬頭のなかによぎった」
と述べ、激しく批判した。


(鳩山発言に「国賊」という言葉が…防衛相が批判 より)


尖閣諸島における日本の立場は

1. 尖閣諸島は歴史的・国際法的にも日本固有の領土であることは明らかである
2. よって、尖閣諸島とその周辺の領域において領土問題は存在しない

というものです。

1.については私も支持しており、
この点において日本政府は一歩たりと妥協してはならないと考えます。

問題は2.についてです。
「領土問題が存在しない」という状態は、
国A、領域B、領域C(B≠C)があったときに

(1) どこの国も領域Bの領有を主張していないこと(南極大陸など)
(2) Aという国が領域Cの領有権を主張していることについて、
  その主張が歴史的・国際法的見地などから正当性があると認められ
  かつ A国以外の国がA国の領有権の主張を支持していること

のいずれかが成立するときといえるのではないでしょうか。
これを尖閣諸島に照らし合わせる(A国=日本、領域C=尖閣諸島)とすると
(2)のケースに当てはまります。
(2)について前段の領有の正当性について成立はするにしても、
後段の領有の支持についての条件は
中国と台湾という領有権を主張する国・地域があることや、
中国にいたっては海洋監視船などを度々領海に侵入させている状況であること、
日本も何度か活動家が上陸を強行して示威的な活動を行っていることなどから、
成立していないわけです。
よって、現在の尖閣諸島において「領土問題が存在しない」状態とはいえず
「尖閣諸島は領土問題の係争地」であるといえます。


ここで、冒頭の尖閣諸島における日本の立場の話に戻します。
私は領有を主張することと領土問題の存在を認めることは別々の問題だと考えて
前述のことを述べたのですが、
世論は1.と2.の問題を一緒にしているわけです。
1.と2.の関係に矛盾を無くしたいなら、
中国や台湾の示威的な言動に示威的な言動でこたえることなく、
既に行っている尖閣諸島の実効支配を粛々と続けて、
「領土問題は存在しない」という態度をとることが必要だと考えます。
ところが昨年、当時東京都知事の石原慎太郎や、野田佳彦率いる民主党政権が
まさに示威的な言動に示威的な言動でこたえたがために、
尖閣諸島周辺の情勢を緊迫したものにさせてしまいました。
国連総会の場でも日本と中国が尖閣諸島の領有をめぐって応酬があったことで、
尖閣諸島が領土問題の係争地であることが
国際社会の場においても認知されてしまったのではないかと思います。

野田佳彦首相は28日に更新した首相官邸ブログで、
日中両国が国連総会の場で尖閣諸島を巡る主張をぶつけ合ったことに関して
「答弁の応酬になってしまったことは大変に遺憾だ」との見解を示した。

自身の演説で尖閣に直接言及しなかったことについて
「国連総会の場は本来、領土を巡る個別の状況について自国の立場を主張し、
 他国と応酬するような場ではない」
と指摘。
「我が国としては主張すべきことはきちんと主張しつつも、
 常に大局観を持って冷静にかつ毅然として対応していく」
とも強調した。


(国連総会の日中応酬「大変に遺憾」 首相、尖閣問題で より)


もはや日本政府は「尖閣諸島において領土問題が存在しない」と主張するのには
限界に来ているのではないでしょうか。
余所から見ても領土問題の係争地であるとみなせるものに対して
「領土問題は存在しない」と主張するのは、
白いものを黒いものだと主張するのと同じくらいまぬけな話のように見えますが・・・

今年に入って、
安倍晋三首相は歴史問題について新たな首相談話を検討することが報道されました。

菅義偉官房長官は4日、日本経済新聞などのインタビューに応じ、
日本による過去の植民地支配と侵略を謝罪した1995年の村山富市首相談話を引き継ぐ一方、
「21世紀の未来志向」をうたう新たな首相談話を検討する有識者会議を設ける考えを表明した。
安倍晋三内閣として、歴史認識をめぐる首相自らの考えを明確にする狙いだ。

菅長官は「村山談話を引き継ぐと同時に、
安倍内閣として21世紀の未来志向の新しい談話を発表していきたい」と述べた。
狙いについて「アジアの安定平和、経済を考えたときに必要だろうという判断だ」と指摘。
今後、有識者の人選を進める意向を示した。


(歴史認識で「安倍談話」検討 有識者会議を設置へ より)


未来志向をうたうのであれば、
尖閣諸島において領有権問題の存在があることを認め、
そのうえで日本の領有の正当性を丁寧に国際社会にアピールしていくというのも
一つのやり方だと私は考えるのですが。

ちなみ、これは余談ですが・・・

自民党の石原伸晃幹事長は23日のNHKの番組で、
尖閣諸島国有化に抗議する中国での反日デモに関し
「中国は一領土問題であれだけ組織的に日本の企業を襲撃し、
 留学生に襲いかかり、大使の車の旗を奪い、G8(主要8カ国)と違うことを自ら示した」
と批判した。
ただ、尖閣諸島をめぐって、日本政府は「領土問題は存在しない」との立場で、
「領土問題」との発言は批判を招く可能性もある。 (2012/09/23-12:16)


(尖閣は「領土問題」=自民・石原氏 より)


鳩山由紀夫氏が「国賊」なら、石原伸晃氏もまた「国賊」なのでしょうかね。
石原伸晃氏はいまや現職閣僚なのですが・・・
鳩山氏や石原氏と同様に
「尖閣諸島は今はもう領土問題の係争地」だと認識している日本の政治家も
少なからずいるのでしょうかね。

スポンサーサイト
【桜宮高校事件】何もせずとも入試への影響は自ずと出てくると思うから、橋下市長は関係各位を引っ掻き回さず黙っていて欲しい件 | HOME | 日本国民はオリンピックに反対しろ

Comment

領有権問題はない
鳩山由紀夫の他、橋下徹や石原伸晃は、同じく国賊です。
領土問題など存在しない。
正しい対応は、だまって日本が核武装することです。
そうすれば、支那は尖閣諸島の領有権主張をやめます。
2013/01/19 18:51 | URL | coffee #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

中国メディア「元総理が謝罪」と報道  鳩山元総理が中国・南京の「南京虐殺記念館」を訪問し謝罪の意を示したことを、18日付の中国メディアは「元総理が謝罪」などと大きく取
2013/01/20 07:53 | Dendrodium
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 1月10日に「私の首相時代は領土問題は起きなかった」と豪語する講演をした鳩山由紀夫元首相(参院議員会館) 1月15日...
2013/01/19 18:52 | 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://twitter.com/sohbunshu ああ、また売国奴と呼ばれる。 尖閣諸島「係争地認定を」=鳩山元首相。http://t.co/ZIZPZ0lf 係争地であることは、いうまでもない。 だから先人達が係争しないよう...
2013/01/19 15:54 | 晴耕雨読
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。