S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

電波ないち名無しさん

Author:電波ないち名無しさん
ちゃぶろ時代と変わらず、日々感じたことを、文法を気にせずつづっていきたいと思います・・・

閲覧数

検索

カスタム検索

広告

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 政治ブログへ



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム ビックカメラ.com ソフマップ・ドットコム
Mac ソフトのことなら act2.com
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp) フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やしきたかじん氏逝去の報を受けて

新年早々、久々に生存報告を兼ねて記事を。
やしきたかじん氏逝去について取り上げます。

何よりもまず、

やしきたかじん氏の逝去を心よりお悔やみ申し上げます。


切れ味鋭いテレビ司会で“浪速の視聴率男”の異名をとった歌手でタレント、
やしきたかじん(本名・家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが3日、
心不全のため都内の病院で死去していたことが7日、分かった。64歳。
12年1月に食道がんを公表し同4月に手術、療養を経て昨年3月に復帰。
再び体調を崩し同5月から長期休養していた。
すでに近親者らで密葬が営まれ、後日、しのぶ会が開かれる予定。

人間ドックで初期の食道がんが見つかったのは12年1月。
すぐにテレビのレギュラー番組出演を取りやめ、休養すると発表。
しかし、関係者の話を総合すると、この時すでに他のがんも見つかっており、楽観視できる状況ではなかったという。

同2月には都内の病院に入院し、抗がん剤治療を経て同4月に内視鏡で切除手術を受けた。
食道をほぼ摘出し、胃を持ち上げるような形で咽頭と直接つないだが、
1週間後に合併症である縫合不全を発症し、再手術。
その症状は同じ食道がんを患い、
一昨年12月に亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎さんと重なる部分が多く本人もショックを受けたという。

だが、不屈の精神力で医師も驚くほどの回復ぶりを見せ、
昨年3月に関西テレビ「たかじん胸いっぱい」(関西ローカル)の収録で約1年2カ月ぶりに仕事を再開。
同時に冠番組2本にも復帰した。

だが、いきなり週3本の収録は負担になったようで、同5月に体力低下を理由に再休養を発表。
その後は「万全になってから帰りたい」と今度は慎重に慎重を期し、リハビリに努めていた。


(やしきたかじんさん 食道がん発見時に既に転移 いきなり週3本収録は負担に ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 より引用)


昨年春の復帰から再休養にかけての段階で、
「もうそれほど長く無いのかな」と何となく考えておりました。
それゆえに「やっぱりな」という気持ちと「残念だな」という気持ちが交錯しています。

私の場合、やしきたかじん氏(以降、たかじん氏)を見かけるのは
『たかじんのそこまで言って委員会』だけでした。
最近も昼間のテレビでザッピングしている時に見かけることがありますが、
(かといってそれ以前も毎週のように見ていたわけではありませんが)
たかじん氏の休養前(や、三宅久之氏の引退前)とその後では
番組内容が大きく劣化してしまったと言っても過言ではないと思います。
一言で言えば「『単なる右翼番組』となってしまった」と表現すると良いのでしょうか。
たかじん氏の生前からしばしば「右翼番組」を自称していたこの番組ですが、
たかじん氏がホストをし、辛坊治郎氏が脇を固め、三宅久之氏が健在だった頃は
大阪で製作されている番組らしい(と自分が言うのもアレですが)笑いの要素も多く盛り込まれており、
トークバラエティ番組としての体を十二分に成していたと思います。

『そこまで言って委員会』の放送期間中に日本国内の世論は随分と様変わりしました。
数年前はこの番組で主張されていた内容は当時の世論の逆を張ったものも数多くありました。
現在ではその内容の多くが広く日本社会で受け入れられるようになったと感じるとともに、
それに伴う危うさも感じています。

やしきたかじん氏、辛坊治郎氏、三宅久之氏と、
番組の大きな柱となっていた3氏が居ない今、
『そこまで言って委員会』はもう十分役目を果たしたと言っても良いのではないでしょうか。
「故人の遺志」ということでたかじん氏の冠番組はそのまま残していくそうですが
『そこまで言って委員会』に関してはたかじん氏の逝去とともに
番組を終えても良いのではないかと考えています。


最後に改めて、

やしきたかじん氏の逝去を謹んでお悔やみ申し上げます。


・・・・・・ですが、私からは以下の点を
たかじん氏および氏の番組の功罪(どちらかというと、罪)として指摘しておきたいと思います。

● 橋下徹氏がたかじん氏の番組を自分の立身出世の舞台として利用し増長していったこと
● たかじん氏(と、氏の冠番組)もその増長していく橋下徹氏の政界進出を後押ししたこと
● 橋下徹氏の政界進出成功(大阪府知事、大阪市長就任)後もたかじん氏および氏の番組が
  番組を通して十分な施政批判を行わずに支持を後押しし続けてきたこと
● たかじん氏の番組を通してたくさんの「保守」「右翼」に目覚めた者が誕生したこと
● その誕生した自称「保守」「右翼」がたかじん氏の番組での出演者の主張を拡散させ、
  ついには日本社会で広く受け入れられるようになってしまったこと
● 安倍晋三現首相、麻生太郎現財務大臣ら、現在の自民党の主流を占めている人達が
  失脚していた時期にやしきたかじん氏の番組出演を通して失地回復していったこと

「皇室の政治利用」を恣意的に持ちだして山本太郎参議院議員の園遊会での行動を批判する愚

山本太郎参議院議員が秋の園遊会で
天皇陛下に対して福島第一原子力発電所の現状を認めた手紙を出したということを
「『皇室の政治利用』という点においてけしからん」というのであれば、
皇室関係者を担ぎだして東京オリンピック・パラリンピックの招致のスピーチをさせた件や、
「主権回復の日」に天皇・皇后両陛下を出席させて最後に「天皇陛下万歳!」をした件なども、
同様に言及されなければならないのではないかと思います。

少なくとも、前述の件について「皇室の政治利用にはあたらない」として支持した人達が、
今回の山本議員の行動を「皇室の政治利用だ」という点から非難しているというのであれば、
それはちょっと筋が通らないのはないかと見ていて感じるのですが。

山本太郎参院議員(無所属)は31日、同日行われた園遊会で天皇陛下に手紙を渡した理由について、
「(東京電力福島第1)原発事故の収束にあたる労働者が劣悪な環境で作業している現状を知ってほしかった」
と述べた。国会内で記者団に答えた。

また、
「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった」
と主張。その上で
「陛下を政治利用したことにはあたらないが、どうレッテルを貼ってもらっても結構だ」
と強調した。

山本氏は兵庫県宝塚市出身、テレビタレント、俳優を経て、
7月の参院選で「脱原発」を掲げ東京選挙区から無所属で出馬し、初当選した。


(【山本太郎手紙】山本氏「原発労働者の劣悪環境知ってほしかった」 - MSN産経ニュース より)
10月31日の秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎参院議員(無所属)に対し、
1日、議員辞職を求める声が相次いだ。
自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で
「憲法違反は明確だ。二度とこういう事が起こらないように本人が責任をとるべきだ」
と要求した。

下村博文文部科学相も
「議員辞職ものだ。これを認めれば、いろんな行事で天皇陛下に手紙を渡すことを認めることになる。
 政治利用そのもので、(足尾銅山鉱毒事件で明治天皇に直訴を試みた)田中正造に匹敵する」
と批判した。

公明党の井上義久幹事長は「極めて配慮にかけた行為ではないかと思う」と述べた。
同党の太田昭宏国土交通相も「国会議員が踏まえるべき良識、常識がある。不適切な行動だ」と批判。
古屋圭司国家公安委員長は
「国会議員として常軌を逸した行動だ。国民の多くが怒りを込めて思っているのではないか」
と資質を問題視した。
田村憲久厚生労働相は「適切かどうかは常識に照らせばわかる」、
稲田朋美行政改革相は「陛下に対しては、常識的な態度で臨むべきだ」と不快感を示した。

民主党の松原仁・国会対策委員長も「政治利用を意図したもので、許されない」と批判。
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長も大阪市役所で記者団に
「日本国民であれば、法律に書いていなくても、やってはいけないことは分かる。
 陛下に対してそういう態度振る舞いはあってはならない。しかも政治家なんだから。信じられない」
と批判した。


(山本太郎議員に辞職求める声 園遊会で陛下に手紙渡す:朝日新聞デジタル より)


私としては秋の園遊会においける山本議員の行動は、

● 仮に天皇陛下および皇室関係者が山本太郎議員の手紙を読んだとしても、
  今の憲法や法律で定められている範囲において彼らに出来ることは何一つない。
  何も出来ない立場の人にそのような行動を起こしても相手は困惑するだけではないか。
● 山本太郎議員が手紙にしたためた内容がどれほど真っ当であっても、
  そのことを問題視して政治の世界の中で取り上げ、社会に反映していくことこそが
  いまの彼自身がなすべき職責なのではないか。
● 山本議員が立法府の一員の立場から原発問題を長期にわたり取り組むつもりであれば、
  今回のようなスタンドプレーめいた行動ばかりに走らず、もっと地に足をつけて地道にやるべき。

  
という感じでみているのですが。


ところで、山本議員以外の国会議員の方々の反応は過剰ですね。
相手がどこの会派にも属さない当選1回の参議院議員という立場だからでしょうか?
批判意見は「皇室の政治利用」という文脈でおこなっている方が多いようですが、
ここ数年「皇室の政治利用」を何度か国会で持ちだして政争の具とし、
「皇室の政治利用」をきわめて恣意的・政治的に運用してきた
自民党・公明党・民主党をはじめとした与野党の国会議員に
山本議員のことを批判する資格はあるのでしょうかね。


最後に、参考までに、主権回復の日とIOC総会についての
日本政府要人の発言についての記事を載せておきます。

菅義偉官房長官は19日の記者会見で、28日の「主権回復の日」式典に
天皇、皇后両陛下が出席するのは皇室の政治利用との批判が出ていることについて、
「まったく批判は当たらない。ご臨席を賜るのは、ある意味で自然なことだ」と反論した。


(「主権回復の日 菅長官、皇室の政治利用批判に反論」:イザ! より)
菅義偉官房長官は3日の閣議後の記者会見で、
国際オリンピック委員会(IOC)総会に高円宮妃久子さまが出席されることを巡る
宮内庁の風岡典之長官発言について
「宮内庁長官の立場で両陛下の思いを推測して言及したことは非常に違和感を感じている」
と苦言を呈した。

風岡氏は2日、他国の都市と競い合う五輪招致活動に皇室がかかわることに慎重な立場から
「(両陛下も)案じていらっしゃるのではないかと拝察している」
と述べた。

3日の記者会見で菅長官は久子さまの出席について
「IOCの東日本大震災復興支援に謝意を示していただく。
 政治利用であるとか、官邸からの圧力であるとかの批判にはあたらない」
と強調。下村博文文部科学相も会見で
「五輪は平和の祭典で、政治利用にはあたらない」
との認識を示した。


(菅氏、宮内庁長官発言「違和感」 久子さまIOC出席 :日本経済新聞 より)

秋の深まりとともに歴史認識問題で関係国へ「挑発」を深めんとする日本の政治家の御歴々

靖国神社の秋季例大祭が行われている中、今年の秋の臨時国会が始まったようですが、
早速我が国日本の国会議員たちは
中国・韓国・北朝鮮をはじめとする周辺国・関係国に対して「挑発」に余念が無いようです。

安倍晋三首相は今回も
靖国神社への参拝を見送る代わりに内閣総理大臣名義で真榊を奉納しました。
また、安倍内閣の閣僚や日本の国会議員は大挙して靖国神社に参拝しました。

安倍首相は靖国神社の秋季例大祭(17日~20日)での参拝を行わないことを決めた。

今年4月の春季例大祭と同様に、神前に供える「真榊(まさかき)料」を奉納する方向だ。

首相は11日に出演したBSフジの番組で、靖国参拝に関し、
「国のために戦った英霊の冥福を祈るのは、国のリーダーとして当然の権利だ」
と述べるなど、首相在任中の実現には意欲を示している。

ただ、春季例大祭、8月15日の終戦記念日に続き、
秋季例大祭での参拝も見送れば、年内に首相が靖国参拝を行う可能性は低くなる。
靖国参拝に反発する中国、韓国との関係改善に配慮した面があるとみられる。


(安倍首相、靖国神社・秋季例大祭の参拝見送り : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) より)
安倍首相が17日から始まった靖国神社の秋季例大祭に合わせた参拝を見送り、
真榊(まさかき)の奉納にとどめた。

ただ、首相は周囲に任期中の靖国神社参拝に向けた意欲を漏らしている。

17日午前6時に開門した靖国神社の本殿前には、
「内閣総理大臣 安倍晋三」と記された真榊が供えられた。
首相が奉納したもので、4月の春季例大祭の際と同じ対応だ。
首相が今回も真榊奉納で対応することを決断したのは、台風で各地に被害が出た16日のことだ。

首相は、206年発足の第1次内閣当時、
小泉政権時代に靖国問題で傷ついた日中関係を立て直すため、靖国神社に参拝しなかった。
首相は当時の対応を「痛恨の極み」と悔やみ、再登板直前の昨年10月の秋季例大祭に参拝、
首相就任後も参拝の機会をうかがってきた。

ただ、現在の中韓との関係は第1次内閣当時より悪化し、両国と日本の首脳会談すら開かれていない。
首相は、首脳会談を開かない口実に靖国神社参拝を利用されることを警戒し、
今回も参拝を見送ったとみられる。
台風被害が大きく、その対応にあたる必要性が出てきたことも影響した。

首相は今後の靖国神社参拝について、中韓両国の反応なども注意深く見守る方針だ。
首相は「任期中には絶対、靖国に行きたい」と周囲に漏らしており、今後参拝に踏み切る可能性がある。
菅官房長官も17日のフジテレビ番組で、首相の靖国参拝について
「全く気持ちは当初から、変わってないだろう」と述べ、任期中の参拝に含みを持たせた。


(靖国参拝見送った首相「任期中に絶対行きたい」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) より)
新藤義孝総務相は18日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
17日からの秋季例大祭に合わせたもので、参拝後、記者団に
「個人の立場で私的参拝を行った。(玉串料は)私費で納めた」
と説明。
「個人の心の自由の問題だ。(参拝が)外交上の問題になるとは全く考えていない」
と強調した。
新藤氏は、春季例大祭の4月、終戦の日の8月にも参拝している。

一方、超党派の「みんなで靖国神社を参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)のメンバーも
18日午前、集団で参拝した。
尾辻氏や高市早苗自民党政調会長、加藤勝信官房副長官らが参加。
同会によると、自民、民主、日本維新の会、みんな、生活の各党などから計157人が参拝した。 
加藤副長官は参拝後の記者会見で、
「国のために尊い命を犠牲にされた方々に対し、ご冥福をお祈りし、尊崇の念を表するのは当然のことだ」
と述べた。
尾辻氏は会見で、安倍晋三首相の参拝見送りについて「やがてお参りがあるだろう」と、
首相の在任中の参拝に期待を示した。
高市氏も記者団に「(首相に)ご参拝いただけるときが来るのを楽しみにしている」と語った。

秋季例大祭は20日まで。閣僚では古屋圭司国家公安委員長も参拝する予定だ。
首相は参拝を見送る代わりに、祭具の真榊(まさかき)を私費で奉納した。(2013/10/18-12:06)


(新藤総務相が靖国参拝=「外交上問題ない」 より)


いくら日本の政府要人や国会議員が「外交上の問題はない」と言っても、
それは低劣な開き直り以外の何物でもありません。
これまでの様々な経緯から言っても靖国神社参拝問題は立派な外交問題です。

また、安倍首相の参拝見送りは当然のことなのですが、
真榊を奉納していることや将来参拝する意向をほのめかしていることなど、
彼の考えや姿勢に変化は欠片もありません。
行動に評価などできるものではないでしょう。


また、安倍首相は参議院本会議の代表質問で慰安婦問題について発言しています。

安倍晋三首相は18日の参院本会議で、従軍慰安婦問題について
「筆舌に尽くしがたい、つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む。
 私の思いは歴代首相と変わりない」
と述べた。
一方で「この問題を政治問題、外交問題化させるべきではないと考えている」との認識も改めて強調した。

公明党の山口那津男代表の代表質問に答えた。

首相は歴史認識問題についても答弁し、
「我が国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して、多大の損害と苦痛を与えた。
 その認識は安倍内閣も同じで、これまでの歴代内閣の立場を引き継ぐ考えだ」
と語った。その上で
「今後、わが国は国際協調主義に基づく積極的平和主義の考えのもとに、
 地域や国際社会の平和や安定により一層貢献していくべきだ」
と述べた。


(朝日新聞デジタル:慰安婦問題「外交問題にすべきでない」 首相が答弁 - 政治 より)


これも「政治問題、外交問題化させるべきではない」としていますが、
慰安婦問題もこれまでの様々な経緯からいって立派な政治問題、外交問題です。
政治問題、外交問題ではないのは安倍首相や考えを共にする者たちの脳内だけの話です。

また安倍首相は
「筆舌に尽くしがたい、つらい思いをされた方々のことを思い、
 非常に心が痛む。私の思いは歴代首相と変わりない」

とか
「我が国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して、多大の損害と苦痛を与えた。
 その認識は安倍内閣も同じで、これまでの歴代内閣の立場を引き継ぐ考えだ」

などと、テンプレート通りの発言を繰り返していますが、
言外にこの発言と全く考えを異とする本音があるわけで、ただただ虚しく響くだけです。
もし首相の本音が答弁と一致しているというのであれば、
言葉だけではなく政策において目に見える形で示すべきでしょう。


靖国神社参拝問題と慰安婦問題は、歴史認識問題の中でも重要なトピックです。
周辺国・関係国が政治問題、外交問題として見ているこれらの事柄に対して、
日本では「政治問題にすべきではない」「外交問題化させるべきではない」と直視せず、
時には「問題の責任は全て周辺国・関係国にある」ともとられるような言動を見せるなど、
不誠実を態度を見せて開き直り続けています。
最近はそれだけではなく、
周辺国・関係国に対してチンピラの如く「挑発」的な言動を行う者もいて
ますます問題を深化させていっている始末です。
このような振る舞いを改めない限り、
周辺国・関係国も批判を止めることも弱めることもないし、
外交関係も悪化の一途を辿っていくだけでしょう。
もし歴史認識問題が原因で周辺国・関係国との外交関係が最悪な状態に至った場合、
その責任は我々日本の側も問われるということは肝に銘じておかなければなりません。


歴史認識についての姿勢を問われているのは日本の政府や国会議員だけではありません。
あのような政府を持ち、あのような議員を国会へ送り込んでいる日本国民も同様なのです。
今こそ自らの思考や言動を省みて、改めるべき所・改められる所は改める機会なのではないでしょうか。
(昨今の東アジア情勢を鑑みると、これでも随分遅きに失している感じはしますが)



<「挑発」についての当ブログの関連記事>
【北朝鮮情勢】相手の言動を「挑発」と言うが、己の言動はどうなのよ?
相手だけじゃなく自分自身も約束を守らずに態度もエスカレートさせているように見える件
朝鮮半島情勢の緊迫の最中に靖国神社へ参拝して周辺国を「挑発」する日本の内閣閣僚と国会議員
東アジア情勢の沈静化を拒むかの如く靖国神社参拝という「挑発」をする日本の政治家達
本の政府要人や国会議員らの無用な一方的「挑発」が東アジア外交で失態を招いている件
じゃあ、安倍内閣は戦後の日本の歩みを外国にどう評価して欲しいの?
歴史認識をめぐる問題の沈静化を拒むかの如く振る舞う日本の政治家の御歴々

相変わらず、無用な周辺国に対する「挑発」をやめられない日本の政治家たち

東京の2020年夏季五輪の開催権獲得を手放しで歓迎することは到底できない件

日本時間で9月8日(日)早朝、
2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催権は東京が得ることと決まりました。
この決定を、私は諸手を挙げてまで歓迎はできません。
ただし、IOCが決定した事そのものについて、結果が出た以上は尊重したいと思います。

さて、7年後の2020年に東京で夏季オリンピックと夏季パラリンピックの開催を迎えるにあたっては
乗り越えなければらない課題は非常に多いということを
日本国民(特に日本政府)はここにあたって改めて強く認識しなければなりません。

【ブエノスアイレス共同】国際オリンピック委員会(IOC)は
7日夕(日本時間8日早朝)にブエノスアイレスで開いた総会で、
2020年の第32回夏季オリンピック大会の開催都市に東京を選んだ。
1964年の第18回東京大会以来56年ぶりで、アジアでは初めて2度目の開催となる。
会期は7月24日から8月9日まで。

72年札幌、98年長野の冬季大会を含めると日本では4度目の五輪となる。
パラリンピック大会の開催も決まった。
招致委員会の竹田恒和理事長は「この喜びを何年も待っていた。開催が決まり光栄」、
安倍首相は「確実に安全な五輪を提供できるという訴えが伝わった」と語った。


(2020年五輪、東京決定 56年ぶり2度目の開催 - 47NEWS(よんななニュース) より)


7年後の開催までに乗り越えなければらない問題として、例えば

● 福島第一原発事故の全容解明と事故の対応(事故由来の問題も含む)
● 東日本大震災で被害を受けた東北地方の復興
● 老朽化した建築物のリフォーム等の是非(バリアフリー化なども含む)
● 労働者が満足して労働出来る環境があふれる日本社会への刷新
● 日本国内に存在するあらゆる差別問題・人権問題の解消

● 日本国内のパラリンピックの不当ともいえる扱いの低さの解消


などがあります。もちろんこの他にも細かいものを含めて数多くあります。

目下、日本にとって最大の課題はやはり福島第一原発事故の処理問題でしょう。
IOC総会の地でも外国メディアから質問や、プレゼンテーションなどで
日本の要人は口々に安全性を強調しておりました。

しかし・・・です。

二〇二〇年夏季五輪の開催都市を決めるIOC総会で、
安倍晋三首相は東京電力福島第一原発の汚染水漏えい問題について、
「まったく問題はない。汚染水の影響は、港湾内で完全にブロックされている」と強調した。 

安倍首相はプレゼンテーションで「東京は世界で最も安全な都市の一つ」とアピール。
福島第一原発事故について
「状況はコントロールされている。東京にダメージを与えることは許さない」
とした。
この発言に対し、IOC委員が質疑応答で、東京に影響がない根拠を尋ねた。

首相は
「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の〇・三平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」
と断言。
近海のモニタリングの結果、
「数値は最大でも世界保健機関(WHO)の水質ガイドラインの五百分の一。
 日本の食品や水の安全基準は世界で最も厳しい基準だ」
とアピールした。


だが、
福島第一原発では毎日汚染水を含む大量の地下水が漏えいしている。
先月には地上タンクから約三百トンの処理水が漏出。
外洋につながる排水溝に沿って、
処理水と同じ特徴を示す高濃度の放射性ストロンチウムなどを含む水が確認され、
外洋に漏れた可能性が極めて高い。港湾内の水についても、
東電は、外洋と完全にブロックされた状態ではなく、水が行き来していると説明している。

首相は
「日本のどの地域でもこの基準(食品や水の安全基準)の百分の一であり、
 健康問題については、これまでも今も将来もまったく問題ないことを約束する」
とし
「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している」
と強調した。


プレゼンテーションを終えた安倍首相は、報道陣に
「汚染水については完全にブロックされていると伝わったと思う。
 (汚染水問題は)数日前から私の口からはっきり伝えようと思った」
と話した。


(東京新聞:首相強弁「汚染水問題ない」 IOC委員質問に回答 実際は外洋漏えいも:社会(TOKYO Web) より 黄字は筆者による強調)
2020年夏季五輪開催を目指す東京招致委員会の竹田恒和理事長が、
ブエノスアイレスで開いた記者会見で
「福島とは離れている。東京は安全だ」と発言した
ことに、
東京電力福島第1原発事故に苦しむ福島県民から
「東京が安全ならいいのか」「差別的だ」と反発の声が出ている。

竹田理事長は、4日の会見で原発事故について
「東京は水、食物、空気についても非常に安全なレベル。全く懸念はない」
「福島とは250キロ離れている」と述べた。


「『東京は安全』と強調するのは『福島の現状はひどい』と認めるということ」。
福島市から東京都練馬区に自主避難している主婦(37)は憤る。


(東京が安全ならいいのか 原発事故に苦しむ福島  - 47NEWS(よんななニュース) より 黄字は筆者による強調)
【ブエノスアイレス=臼井康兆】二〇二〇年夏季五輪の開催都市を決める
国際オリンピック委員会(IOC)総会を前に、
東京招致委員会は五日午後(日本時間六日午前)、招致演説に向けた最後の公式リハーサルに臨んだ。
終了後、招致委会長の猪瀬直樹知事は記者団から出来栄えを問われ、
「ほぼ完璧だと周囲から評価された。この勢いで本番に臨みたい」と
語った。 

リハーサルは七日の総会会場となる市内のホテルで、非公開で実施。
本番と同様にイスタンブール(トルコ)、東京、マドリード(スペイン)の順で進み、
他都市の関係者はシャットアウトされた。

一方、猪瀬知事は公式リハーサル終了後、
招致への悪影響が懸念されている東京電力福島第一原発の汚染水問題について、記者団の質問に
「誇大に、間違った形で伝えられている風評的なものを取り除く」
と答え、火消しに回った。

猪瀬知事は、汚染水対策に政府が約五百億円を投入し、対策も公表している点を強調。
「東京を支持する人、支持するかもしれない人にはきちっと伝えないと」
などと、開催都市決定の投票権を持つIOC委員に理解を求める考えを示した。

また「招致レースでマドリードがリード」との一部の見方について、
「リードしているかどうか分かりません。手応えはある」
と、東京開催への意気込みを示した。


(東京新聞:猪瀬知事 汚染水「風評取り除く」 2020五輪 東京招致:社会(TOKYO Web) より 黄字は筆者による強調)


福島第一原発事故は事故から2年半が経過しても
事故の全容も満足に明らかになっておらず一向に解決のめどがつきません。
予断を許さない状況は相変わらず続いているのです。
いや、とてもつけられるような状況ではないと言ったほうが良いのかもしれません。
報道を見ていると、
まるで事故など過ぎ去ったかのような雰囲気に錯覚しがちですが、
事故は全く終わっていない、終わりすら見えていないのです。
そうであるがゆえに、この度ブエノスアイレスで行った
安倍晋三首相やオリンピック招致委員会の面々の言動は
「オリンピック招致のために原発事故を糊塗し、東京と福島を切断処理するのか」
と受け取られる醜悪とも言える発言であり、看過すべきではありません。

9月8日のIOC総会で決まったことは、
あくまで「2020年夏季のオリンピックとパラリンピックを東京で開催する権利」です。

招致が決定して確実に国外から今まで以上に日本への視線が厳しく注がれる状況に、
日本政府は自ら追い込みました。
これからは原発事故への対応の成果を目に見える形で求められるでしょう。
東京電力へのプレッシャーや風当たりは今まで以上に強くなるでしょう。
福島第一原発の7年後がどうなっているかは誰もわかりません。
ですから、今後の経過次第では無事に開催可能な可能性も大いにあるし、
最悪には「開催権を返上」という事態だってありうるわけです。
事実、日本は1938年に激化・長期化していた日中戦争の遂行を優先させ、
1940年に開催予定だった東京オリンピックの開催権を返上しています。
開催権返上に至るようなことがないように、
今まで以上に原子力行政やその従事者たちの監視を行わなければならないでしょう。


本記事では福島第一原発事故に絞って述べましたが、
7年間で解決しなければならないものは本当に多いです。
オリンピックの開催権を得たことでいつまでもお祭り騒ぎなどしてはいられないのです。
日本政府ならびに招致委員会の方々がどこまでそれを理解しているか、
今後の言動でそれが問われることでしょう。



・・・・・・という、長々とした記事兼生存報告でした(報告にいい機会なのでねw)。

相変わらず、無用な周辺国に対する「挑発」をやめられない日本の政治家たち

8月に入り、広島・長崎の原爆の日や終戦記念日が近づくにあたり、
日本の国会議員の靖国神社参拝に関する記事が出てきております。
相変わらず、自らの行動が相手に対する「挑発」に結びついているのだと
気が付かない(もしくは、気がついていてワザとやっている)方々が多いようです。

安倍政権の稲田朋美行革相が、15日の終戦記念日に靖国神社に参拝する意向を固めた。
自身が所属する議員グループ「伝統と創造の会」の一員として参拝する。
現職閣僚が15日に靖国参拝することが明らかになるのは初めて。

稲田氏は終戦記念日の参拝について1日、首相官邸に打診し、了承を得た。
首相は先月21日、「各閣僚はそれぞれの信念の中で判断してほしい」と述べ、
閣僚の靖国参拝を制限しない方針を表明していた。

安倍政権の閣僚をめぐっては、今年4月、春季例大祭の前後に、
稲田氏や麻生太郎副総理ら4閣僚が靖国神社に参拝した。
これに中国や韓国が反発し、日本と中韓との関係が悪化した経緯がある。
他の3閣僚の態度は現時点で不明だが、終戦記念日に現職閣僚が参拝すれば、
中韓がさらに批判を強める可能性がある。

稲田氏は2日の記者会見では参拝を明言せず、
「自分の国のために命を捧げた人に対し、感謝と敬意、追悼の意を表すことは
 主権国家として許されるべきだ」
とだけ述べていた。


(朝日新聞デジタル:稲田行革相、終戦記念日に靖国参拝へ 官邸も了承 - 政治 より)
自民党の高市早苗政調会長が15日の終戦記念日に靖国神社に参拝する意向を固めた。
超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久元厚生労働相)に
参拝の意向を届け出ており、昇殿参拝する予定。
稲田朋美行革相も参拝する意向で、
現職閣僚や政権幹部が参拝すれば、中国や韓国が批判を強めそうだ。

高市氏は第1次安倍内閣の少子化担当相だった2007年も含めて毎年、終戦記念日に靖国参拝している。
今年2月には
「夏には靖国の森で、安倍晋三首相も多くの閣僚たちもご英霊に感謝の祈りを捧げられるよう、
 その日を楽しみに歩んで参りたい」
と首相と閣僚の参拝を求めていた。

稲田氏は今年4月の春季例大祭前後にも靖国に参拝。
当時は麻生太郎副総理らとともに4閣僚が参拝し、日本と中韓との関係が悪化した経緯がある。


(朝日新聞デジタル:高市政調会長も靖国参拝へ 終戦記念日に昇殿予定 - 政治 より)
[東京 2日 ロイター] - 安倍晋三首相は、8月15日の終戦記念日の靖国神社参拝を見送る公算が大きい。
中国に首脳会談の開催を呼びかける中、日中関係改善に配慮するとみられている。

習近平国家主席が首脳会談の開催に応じるかどうかは、今のところまだ不透明。
ただ日本サイドには、安倍首相が参拝を見送れば中国政府内で一定の評価が得られるとの思惑がある。

安倍首相は2006─07年の第1次政権時、小泉政権下で悪化した日中関係の改善で成果を上げた。
外交の専門家は、首相が過去の実績の再現を目指しているとみている。

当時首相は靖国神社への参拝を見送り、これが日中関係改善に寄与した。
ただ昨年9月に自民党総裁に就任した後は、過去の決断を悔やんでいると明言し参拝を行っている。

首相が8月の参拝を見送っても、
保守派からは10月の秋季例大祭での参拝を求める声があがる可能性がある。

両国間では水面下で関係改善を模索する動きもみられるが、
中国国営メディアは過去数週間、安倍首相に対する批判を繰り返している。
中国外務省は、日本側の首脳会談開催の呼びかけについて、
「中身のないスローガンを振りかざしているだけ」と一蹴した。

中国政府は、首脳会談開催に向けた協議を公式に否定、開催を望む兆候もみせていない。
首脳会談を開催した場合、安倍首相が靖国神社を参拝しない確約を求める可能性がある。

米国を拠点とする外交問題評議会(CFR)のシニアフェロー、シーラ・スミス氏は
「時期の問題が非常に重要だ。9月に首脳会談が開かれたとして、
 安倍首相が10月に靖国神社を参拝すれば、習近平国家主席にとって破滅的だ」
と指摘した。

首脳会談は9月が開催の一つの可能性としてささやかれている。
ただ習近平国家主席は景気減速、経済改革、反腐敗への取り組み、
9月か10月に開催予定の党中央委員会全体会議などで手一杯なことから懐疑的な見方もある。



(安倍首相、終戦記念日の靖国神社参拝は見送りか | ワールド | 中国 | Reuters より)
菅官房長官は、5日午前の記者会見で、
安倍内閣の閣僚が来週15日の「終戦の日」に靖国神社に参拝するかどうかについて、
「各閣僚が私人の立場で参拝するかしないかは、官邸でどうこう言う問題ではない」と述べ、
各閣僚の判断に任せる考えを示しました。

この中で、菅官房長官は、靖国神社に参拝することについて、
「国のために戦って、尊い命を犠牲にされた方に対し、手を合わせてご冥福を祈り、
 尊崇の念を抱くのは、どこの国でも同じだと思っている」
と述べました。

そのうえで、菅官房長官は、
安倍内閣の閣僚が来週15日の「終戦の日」に参拝するかどうかについて、
「政府として、『行くべきだ』とか『行かないべきだ』ということは差し控えるのが、
 安倍内閣の基本的な考え方なので、各閣僚が私人の立場で参拝するかしないかは、
 官邸でどうこう言う問題ではない」
と述べ、各閣僚の判断に任せる考えを示しました。

また、菅官房長官は、
安倍総理大臣が、「終戦の日」に靖国神社に参拝するかどうかについて、
「安倍総理はかつて、『参拝するか、しないかは言わない。行ったか、行かなかったかも言わない』
 ということだったので、私から答えることは差し控えたい」
と述べました。


(官房長官 靖国参拝は各閣僚判断に任せる NHKニュース より)


既にあちこちで何度も指摘されていることですが、
日本の国会議員の靖国神社参拝は周辺国に限らず、
同盟国からも憂慮されているのです。

【ワシントン=中島健太郎】米議会調査局は2日、
安倍政権の外交政策などを分析した日米関係についての報告書を発表した。

8月15日の終戦記念日に安倍首相が靖国神社を参拝した場合、
「地域に再び緊張を引き起こすことになる」などと指摘している。

 告書は安倍政権の外交目標について、
〈1〉アジアへの関与を拡大する〈2〉日本の防衛力を強化する――ことの二つが中心になっていると指摘。
米政府は、日本が防衛力を拡充することに理解を示しているが、日
本政府の歴史認識が日米韓3か国の安全保障協力に与える影響を懸念しているとの見方を示している。

米議会調査局は議員の依頼で外交政策などについての調査を行う。
報告書は米議会の見解を示すものではない。


(首相靖国参拝なら地域に再び緊張…米議会報告書 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) より)


安倍首相は参拝を控えるのではないかと言われていますが、
閣僚が参拝を明言し、官邸も参拝は個人の判断に任せるとのことですから、
首相が参拝を控えようがそうじゃなかろうが同じ結果になるでしょう。
外国では安倍晋三氏の思想信条は大体分析しきっているでしょうし、
そうでなくても春季例大祭での参拝の件や首相の国会答弁の件もあることですし。


安倍晋三氏が首相の座に居る限り、
そして安倍晋三氏に考えが近い者が内閣の構成員で1人でも居る限り、
このように靖国神社参拝問題は毎年くすぶり続けるでしょう。
日本の現政府は中国の周辺国と包囲網を形成する考えのようですが、
この問題や歴史認識問題などのせいで
逆に日本の周辺国(中国・韓国・北朝鮮・東南アジア諸国・アメリカ・カナダ・オーストラリアあたり)に
包囲網を張られて警戒されるような事態になってしまわなければ良いのですが。



<「挑発」についての当ブログの関連記事>
【北朝鮮情勢】相手の言動を「挑発」と言うが、己の言動はどうなのよ?
相手だけじゃなく自分自身も約束を守らずに態度もエスカレートさせているように見える件
朝鮮半島情勢の緊迫の最中に靖国神社へ参拝して周辺国を「挑発」する日本の内閣閣僚と国会議員
東アジア情勢の沈静化を拒むかの如く靖国神社参拝という「挑発」をする日本の政治家達
日本の政府要人や国会議員らの無用な一方的「挑発」が東アジア外交で失態を招いている件
じゃあ、安倍内閣は戦後の日本の歩みを外国にどう評価して欲しいの?
歴史認識をめぐる問題の沈静化を拒むかの如く振る舞う日本の政治家の御歴々

BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。